脅威エクスポージャーを理解する

Reading time: 10 min

脅威エクスポージャーの知っておきたい事

サイバー脅威のランドスケープは常に進化しているため、企業は脅威エクスポージャーに対する洞察を深めることが不可欠です。脅威エクスポージャーを理解することは、効果的なサイバーセキュリティリスク管理にとって基本的かつ重要な要件になります。ここでは、サイバーセキュリティにおける脅威エクスポージャーを理解し管理するための実践的な戦略について解説します。

脅威エクスポージャーを理解するための第一歩は、攻撃対象領域を評価し、ビジネスのコンテキストデータに基づいてアセットを充実させます。次に、組織の脆弱性とリスクを包括的に評価することが重要です。これには、サイバー攻撃者が悪用する恐れのあるシステム、ネットワーク、アプリケーションにおける潜在的な弱点を特定することが含まれます。脆弱性スキャンツール、侵入テスト、リスク評価フレームワークなどは、こういった懸念事項を洗い出す際に大いに役立ちます。

 

攻撃ベクターの理解

多くの場合、サイバー攻撃者は特定の経路や攻撃ベクターを悪用して、攻撃対象とする組織のシステムやデータに不正にアクセスします。そのため、あなたの組織が攻撃される際に用いられる恐れのあるさまざまな攻撃の手口を理解することは、脅威を効果的に軽減するために欠かせません。一般的な攻撃ベクターとしては、フィッシングメール、マルウェア感染、資格情報の侵害、ソフトウェアの脆弱性などが考えられます。そのため、攻撃データの履歴と業界トレンドを分析することで、最も可能性の高い攻撃経路を見極め、それに従って防御の取り組みの優先順位を決定します。

脅威インテリジェンスの活用

脅威インテリジェンスは、サイバー脅威アクターの戦術、技術、手順(TTP)に関する貴重な洞察を提供します。脅威インテリジェンスのプラットフォームとそこからの情報を活用することで、組織は業界とインフラに関わる新たな脅威や脆弱性について、常に最新情報を得ることができます。このプロアクティブなアプローチにより、攻撃が激化する前に潜在的なセキュリティリスクを予測して軽減することが可能になります。

セキュリティ制御の実装

効果的なサイバーセキュリティ対策には、さまざまなセキュリティ制御と対策を組み込んだ多層的なアプローチが必要になります。それらには、ファイアウォール、侵入検知システム(IDS)、エンドポイント保護ソリューション、暗号化、アクセス制御などが含まれます。多層防御戦略を実行することで、組織は潜在的な攻撃者の侵入に対して複数の障壁を構えることにより、全体的な脅威エクスポージャーを軽減することができます。

継続的な監視と対応

サイバー脅威は常に進化しているため、継続的な監視とインシデント対応はすべてのサイバーセキュリティ戦略にとって不可欠になります。リアルタイムの監視ツールと自動アラートシステムを導入することで、組織はセキュリティインシデントを迅速に検知し、対応できるようになります。このプロアクティブなアプローチにより、セキュリティ侵害の影響を最小限に抑え、新たな脅威に対する防御策を適応させることができます。

従業員の教育と能力開発

ヒューマンエラーは、依然としてセキュリティ侵害の主要因の 1つであることから、従業員の教育と啓蒙活動の重要性は明らかです。従業員に包括的なサイバーセキュリティトレーニングと啓発プログラムを実施することで、脅威を認識して対応する力が効果的に身につくようになります。これには、一般的なフィッシングの手口、パスワードのベストプラクティス、データ保護の重要性などに関する教育が含まれます。

脆弱性評価の実施、攻撃ベクターの分析、脅威インテリジェンスの活用、セキュリティ制御の実装、従業員の能力開発などにより、組織はセキュリティリスクをプロアクティブに軽減し、サイバー脅威に対するレジリエンスを強化することができます。サイバーセキュリティに対してプロアクティブに包括的なアプローチを採ることで、企業は自信を持ってデジタル最前線を踏破し、最も貴重な資産を被害から防衛することが可能になるのです。

Save & Close The power of prevention: the role of exposure management in 2024(英語開催)

ITセキュリティの専門家に話を聞くと、情報漏えいを阻止することよりも、情報漏えいを未然に防ぐことを重視します。だからこそ、エクスポージャー管理はサイバーセキュリティにおける次の大きな課題なのです。攻撃対象領域全体を把握することによってのみ、侵害の発生を防ぐことができるのです。

ご登録はこちらから