メールサポート

カスタマーサポート

サポートリクエスト

FSDIAGファイルを作成して添付していただくことで、より早くリクエストに対応できる場合があります。このファイルは、お客様のシステムに関する重要な情報を提供するものです。以下の手順でFSDIAGファイルを作成し、送信してください。

連絡先情報

連絡用のメール アドレスが正しいことを確認してください。
電話番号は国際形式である必要があります
This is the Customer Number stated in your license certificate

製品情報

事例

ファイルを添付してください

参照: `Web ブラウザによっては複数のファイルを添付できない場合があります。

  • 添付ファイルは100MB未満にしてください
  • 最大10ファイルまで添付できます
  • 空のファイルは削除されます

よくある質問

FSDIAGファイルの作成方法と送信方法

製品に技術的な問題が発生し、さらにサポートが必要な場合は、FSDIAGファイルを作成し、弊社テクニカルサポートにお送りください。

FSDIAGファイルは、製品に添付されているサポートツールプログラムを使用して作成することができます。このプログラムは、製品の詳細、オペレーティングシステムのログ、およびシステム設定を含む、お客様のシステムおよびその構成に関する重要な情報を収集します。

このプログラムによって収集された情報は、極秘に取り扱われます。サポートツールのプライバシーポリシーについては、 こちらをご覧ください。

Windowsの場合

注:サポートツールは、管理者としてログインする必要があります。

  1. スタートをクリックします。
  2. すべてのプログラム(WithSecure製品)サポートツールを選択します。
  3. 診断の実行を選択
  4. ツールの情報収集が完了すると、デスクトップに出力ファイルが作成されます。アーカイブファイルの名前は、fsdiag.zip です。ファイルサイズは100MB程度になる可能性がありますので、ご注意ください。 
  5. このファイルをサポートリクエストに添付してください。弊社テクニカルサポートがサポート依頼を処理し、返信いたします。

Macの場合

  1. Finder > アプリケーション > WithSecureを選択します。
  2. サポートツールアプリを選択
  3. 診断の実行を選択
  4. ツールの情報収集が完了したら、出力ファイルの保存場所を選択し、そこに保存してください。アーカイブファイルの名前は、fsdiag.tar.gz です。ファイルサイズは100MB程度になる可能性がありますので、ご注意ください。
  5. そのファイルをサポートリクエストに添付してください。弊社テクニカルサポートが対応し、ご返答いたします。

Linuxの場合

  1. LinuxシステムでFSDIAGファイルを作成するには?(https://community.f-secure.com/common-business-en/kb/articles/5514) の記事で紹介されている該当するLinux製品の説明に従ってください。
  2. アーカイブファイルfsdiag.tar.gzを回収する。製品によっては、ファイル名に製品名や収集日などが含まれる場合があります。
  3. サポート依頼書にファイルを添付してください。弊社テクニカルサポートにて対応し、ご返信いたします。