攻撃経路マッピングとは何か

Reading time: 10 min

攻撃経路マッピングを解き明かす

組織が潜在的な脅威に先んじるには、プロアクティブなアプローチが求められます。サイバーセキュリティ専門家は、攻撃経路マッピングを用いて、システムやネットワーク内に潜む攻撃ベクターを把握し、可視化し、軽減します。エクスポージャー管理にとって、攻撃経路マッピングは、数百、数千もの発見イベントの中から最も重要なものを絞り込むのに役立ち、結果として企業のリスクレベルを軽減することができます。

攻撃経路マッピングの中核には、サイバー攻撃者が標的とするシステムやネットワークに侵入する可能性のあるルートの特定と分析が含まれています。通常、これらの経路は相互接続された一連のステップや脆弱性で構成され、悪用されると機密性の高いアセットへの不正アクセスや侵害が可能になります。

攻撃経路マッピングのプロセスは、徹底的な偵察と列挙から始まり、セキュリティ専門家は、インフラストラクチャ、アプリケーション、プロトコル、潜在的な脆弱性など、標的にされる環境に関する情報を収集します。この情報は、潜在的な攻撃経路の包括的なマップを構成するための根拠となります。

攻撃経路マッピングには、サイバーセキュリティ防御の領域で重要なメリットがいくつもあります。

• リスク評価:リスク評価を実施する場合は、ビジネスのコンテキストに沿って実施することが肝要です。つまり、自社にとってそのアセットがどの程度貴重であり、どのような影響があるかを考慮することです。組織は、潜在的な攻撃経路を可視化することで、さまざまなサイバー脅威の可能性と影響を評価することができます。これにより、セキュリティ対策に優先順位を付け、最も深刻なリスクを軽減するためのリソースを効果的に配分することができます。.

• 脆弱性の特定:攻撃経路マッピングは、システムやネットワークアーキテクチャ内に潜んだ脆弱性や弱点を発見するのに役立ちます。これらの脆弱性がどのように連携して悪用されるかを理解することで、組織は悪意のある攻撃者に悪用される前に、対策をプロアクティブに講じて修復したり、パッチを適用することが可能になります。

• インシデントレスポンス計画:攻撃経路マッピングから得た洞察により、組織はより効果的なインシデントレスポンス計画を策定できます。可能性のある攻撃シナリオとそれに沿った経路を予測することで、セキュリティチームは迅速かつ果断に対応し、セキュリティ侵害の影響を軽減することができます。

• コンプライアンスと規制:多くの業界規制やコンプライアンス基準では、サイバーセキュリティのリスク管理に対するプロアクティブなアプローチを実証することを組織に求めています。攻撃経路マッピングは、潜在的なセキュリティギャップを特定して対処することによって、これらの要件を満たすための構造化された手法を提供します。

以下のベストプラクティスに従うことで、組織はサイバーセキュリティ防御戦略において攻撃経路マッピングを効果的に活用することが可能になります。

• 継続的な監視:サイバー脅威は常に進化しているため、潜在的なリスクに先んじるには継続的な監視が欠かせません。定期的に攻撃経路マッピングを更新して再確認すれば、新たに出現する脅威や脆弱性に対する警戒を怠ることはありません。

• コラボレーションとコミュニケーション:攻撃経路マッピングは、セキュリティアナリスト、ネットワーク管理者、ビジネスリーダーなど、複数の利害関係者を巻き込む共同作業になります。効果的なコミュニケーションとコラボレーションにより、包括的な脅威の軽減に必須となる知見、専門知識、リソースの共有が促進されます。

• 自動化とツール:自動化ツールを使用することで、手作業よりも効率的に膨大なデータを集計・分析して、攻撃経路マッピングのプロセスを合理化することができます。最先端の脅威インテリジェンスプラットフォームやネットワーク可視化ツールに投資すれば、攻撃経路マッピングの精度と有効性が高まります。

• 適応性と柔軟性:サイバー攻撃者は、セキュリティ対策をしたたかに回避する戦術に長じていることから、組織の防衛戦略において適応性と柔軟性を維持することが極めて重要になります。定期的に攻撃経路マップを更新し、セキュリティ制御を再評価することで、進化する脅威に対する防御力を維持することができます。

サイバー脅威を予測し、検知し、軽減する能力は、今日の相互接続されたデジタル環境において最重要になります。攻撃経路マッピングは、潜在的なセキュリティリスクを把握して対処するためのプロアクティブなフレームワークを組織に提供し、巧妙化する一方のサイバー攻撃に対抗する防御力を強化することができます。攻撃経路マッピングをサイバーセキュリティ戦略の中核となる構成要素として用いることにより、組織は、進化する脅威に直面した際に、レジリエンスを強化し、重要な資産を保護することができるのです。

次の一手は?

The power of prevention: the role of exposure management in 2024

Every IT security professional we speak to would choose to prevent a breach, rather than stop it once located. That’s why exposure management is the next big thing in cyber security. Only by gaining a view of your entire attack surface can you hope to prevent breaches occurring. 

Join webinar